2016年03月10日

ポジション別 現在地 〜指名打者編〜

昨日の夕方、野球賭博問題について、読売巨人・高木京介投手本人が会見で賭博を認めました。
言動や表情から深い反省と後悔が見て取れました。
軽い気持ちでやってしまったようだが、その代償は大きくなりそうです。

今日は開幕一軍へ向けた「指名打者」について考察して参ります。
◎本命 〇対抗 △大穴 無印・・・次点

僕が思う、現時点での開幕スタメンの可能性。
◎ ジョニー・ゴームズ
〇 ゼラス・ウィーラー
△ 栗原 健太
枡田 慎太郎
今江 敏晃

スポンサーリンク






正直、色んな条件付きで『DH』は変わってくると推測できます。
一番手にはゴームズをあげましたが、今江が開幕に間に合わずウィーラーがサードに入った場合は、恐らくゴームズがDHに入ると思います。
オープン戦でホームランこそ出ましたが、まだまだ調整段階で本来のバッティングとは程遠い状態だと思います。
梨田監督はゴームズは6番・7番あたりに置く構想らしいですが、アマダーが4番に居てこその構想だったと思うのでアマダー離脱によって打順も変わるかもしれません。

二番手にはウィーラーを入れました。
ここも今江次第という条件付きですが、サードが埋まりゴームズがレフトに入る場合にはウィーラーはDHに入ることが予想されます。
守備力的にウィーラーとゴームズ、優劣をつけるくらいの判断材料がありませんが・・・
守らせるのであれば、なんとなくウィーラーの方が良いかな〜と個人的には思ってます。

三番手には栗原を選びました。
アマダーの離脱により、一番チャンスだと思うのは誰よりも『栗原』だと思います。
まずは開幕一軍に残らないといけませんが、一軍にいればスタメンは難しくとも代打での出場は適度にあると思います。
そこで代打成功率が良ければ、外国人選手の状態によってはDHでのスタメンというの十分にあります。
交流戦で広島に凱旋できるよう、少ないチャンスをモノにして活路を見出して欲しい。

時点には下記2選手を候補としてあげました。
もう若手とは言えない、いい加減にやってくれ!『枡田』
大事をとって守備につかない場合を想定して入れてみました『今江』

数日前の残念なニュース、『アマダー骨折』で大きく指名打者と外国人枠の構図も変わります。
この頃アマダー試合に出てないなと思ってたら、3日の練習中に左手首の痛みを訴え、検査の結果「左手首骨折」全治2ヶ月とのことでした。
いや〜残念!だけど、いない人に期待しても仕方ないので、現有戦力に頑張ってもらいましょ。


posted by 吾輩はネコ科である at 19:36| Comment(0) | 楽天いーぐする日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。